水のトラブルが起こってしまったら

水のトラブルが起こってしまったら 水のトラブルはどこの家庭でも起こりうるトラブルですが、いざ詰まったり水漏れが発生すると、どうして良いか慌てふためいてしまう人も少なくありません。その結果、対応が遅れたり、的確に対処できなかった為に余計に費用や時間がかかってしまって後悔するケースもあります。水のトラブルには様々なパターンがあり、原因もそれぞれ異なります。どのような水のトラブルがあるのか、考えられる原因や対処法について知っておくことは、スムーズな対応に繋がります。
今は特に問題がない場合でも、いつ何時トラブルが発生するかわかりませんので、事前に学んでおくことはとても大切なことです。水のトラブルについて、いくつかのケースを見ながら適切な対処について考えてみましょう。

■水のトラブルの種類

水のトラブルの代表的なものは、トイレであれば排水詰まり、タンクや配管からの水漏れ、水が止まらない、キッチンであれば排水詰まり、シンク下からの水漏れ、蛇口からの水漏れ等があります。風呂場の場合には、シャワーが出ない、カランからの水漏れ、浴槽の排水詰まり等があげられます。洗面台の場合は、洗面台下の水漏れや洗面台蛇口からの水漏れなどが挙げられます。
特にトイレつまりは水周りトラブルでも頻度が高く、一度はラバーカップを使って修理を試みたという人が大多数ではないでしょうか。さらに、洗濯機や屋外、ベランダ等を含めると実に様々な水のトラブルが発生していることが分かります。これだけトラブルの種類が多い上に、家庭内の水周りのシステムはどんどん複雑化していますので、以前のように簡単に修理ができないケースも増加しています。

■考えられる原因
排水が詰まる原因として考えられるのは、流してはいけない物を流してしまった場合です。トイレであれば大量のトイレットペーパー、溶けないタイプのティッシュ等、キッチンであれば頑固な油汚れや大きな食べ物クズ等が、流れて排水管内で詰まっている可能性があります。排水管は時が経つと共に内部に汚れがこびりつき、通り道がどんどん狭くなっていきます。
その為ちょっとしたきっかけで詰まりやすくなることがありますので、時々高圧洗浄等を行って通り道を広げるという対応策も必要です。また、全体的に共通する原因には、経年劣化が考えられます。水周りの部品はどうしても時間と共に錆びたり劣化していきますので、その箇所から水漏れや不具合が生じるケースが多々あります。

■水道は水道の専門家に任せよう

トラブルが発生したらどうしたら良いか、最も手っ取り早い方法は、水道の専門家に任せることです。できればお金をかけずに自分で解決したいと考える気持ちも理解できますが、水道は見える部分だけにトラブルが発生している訳ではありません。水道のシステムのほとんどは、壁の中や床の下に隠れており、道路の下の配管内の不具合の場合は一般人には手出しができない分野となります。
ただし、簡単な修理であればDIYの範囲内ですぐに直すことができる可能性がありますので、どのようなトラブルなのか、どこが原因なのかを最初にまず見極めることが肝心となります。その為にも、まずは元栓を止め、落ち着いてトラブル診断を行いましょう。自分でできない場合にはやはり専門家である業者にすぐに手配することをお勧めします。

■まとめ
水道トラブルは、トイレ、キッチン、風呂場、屋外等場所だけでも数が多い上、それぞれに使用するシステムの不具合や劣化によって引き起こされますので原因を組み合わせると相当なパターンのトラブルが存在することになります。
その全てに対応することは困難ですが、原因がはっきりしていて症状が軽いものであれば個人でも対応できるケースがあります。まずは焦らないで落ち着いて状況を見極めることが重要となってくることを覚えておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース