止まらない水のトラブルの対処法

水のトラブルを知る為に、より具体的な水漏れについて考えてみましょう。水漏れにも度合いがあり、ポタポタと伝う程度からジャーと流れっぱなしの場合も考えられます。水漏れが発生しやすい場所とは、また水漏れがずっと止まらない場合にはどうしたら良いのでしょうか。
水漏れが起こった場合には、それ以上水が流れることがないように、止水栓を止めることが基本です。止水栓から水が漏れている場合には、家全体の水が止まってしまいますが、とりあえずの応急処置として元栓を閉めてしまいましょう。水が出っぱなしになっていると水道代もかかってきますので注意が必要です。

■水漏れが発生しやすい場所

水漏れは起こりやすい箇所として、トイレであれば便器内、トイレタンク、給水管と壁の部分、蛇口等があります。キッチンや洗面台では蛇口、シンク下等、家電の場合は食器洗い乾燥機や洗濯機等も水漏れが起こる可能性があります。風呂場の場合はシャワーヘッド、蛇口、浴槽の排水等があげられます。これらは全て目に見える範囲となりますが、水漏れは壁の中や床下でも発生しますので異音がした場合には注意深く観察してみましょう。
例えば、水を出していなくてもチョロチョロと音がしたり、ジャーという流れる音がする場合には、内部で配管から水漏れを起こしている可能性があります。あるいは壁や床が常に濡れている、屋外の水栓回りがずっと水を撒いたように濡れている場合等も水漏れの疑いがあります。

■止まらない場合の対処法

水漏れをしているかどうか音では判断がしにくいという場合には、水道メーターが動いているかどうかも判断基準になります。どこも水を使っていないにも関わらず、水道メーターがずっと上がり続ける場合には、どこかで水漏れしている可能性が高くなりますので、きちんと業者に依頼して調査をしてもらう必要があります。
少しのことだからと放置しておくと、気付いた時には水道代がいつもの2倍にも3倍にもなってしまう可能性もあります。水漏れの特徴として、徐々に量が増えていくということを覚えておきましょう。最初にきちんと対処をしなければ、少しずつ水量を増していきますので注意する必要があります。

■まとめ
止まらない水のトラブルの場合には、改善策として最も適切なのは業者に依頼することです。
小さい水漏れでも、いずれ量を増やして床がビショビショになる程まで悪化してしまう恐れがあります。複雑化する水周りのシステムの修理を行うのであれば、プロに依頼することが最もお勧めとなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ